最新記事一覧

DM等に最適なハガキ作成

印刷

作成時の注意点

圧着ハガキは、DMなどを送る際に利用すると大変便利です。まず、圧着ハガキは普通のハガキと比べると、情報をより載せることができます。普通のハガキは一面にしか情報を載せられないのに対し、圧着ハガキの場合は二面、三面を利用できるからです。しかも、それだけ情報を載せられるにも関わらず、郵便規定基準を守っていれば郵便料金は普通のハガキと同じなのです。第三者に内容を見られにくいというメリットもあります。圧着ハガキは、一度剥がすと再び貼りつけることができません。こっそり中身を見ようと思っても、ばれてしまうのです。そのため、受取人にのみ情報を知らせたいという場合にも最適です。圧着ハガキは、専門の業者に依頼をすることで作成できます。インターネット上から簡単に作成ができる業者も、多数存在しているのです。業者のホームページには、圧着ハガキのテンプレートが用意されていることでしょう。気に入ったテンプレートを選んで、手軽に作成できるのです。ちなみに、A6サイズの圧着ハガキを郵便はがきとして使用するには、面積が最も大きい面がハガキ本体にならないといけません。また、ハガキ本体の上辺か左辺に、「郵便ハガキ」や「ポストカード」といった表記が必要となるのです。圧着ハガキには、開きやすくするために折り線の位置をずらしたずらし折りと、地側の角を落としたコーナーカットというタイプがあります。それぞれのタイプを開いた際、紙の面積には左右で違いが出てきます。そのため、面積が大きい方を本体にしないといけないのです。「郵便ハガキ」や「ポストカード」の表記がない場合は、定形外郵便扱いになるので、普通ハガキの値段では送れなくなります。