最新記事一覧

費用対効果の高いDM

CMYK

割安な料金で郵送可能

近年、低コストで郵便物を送れるツールとして普及が進んでいるのが、圧着ハガキです。圧着ハガキとは、普通のハガキとして発送できるにも関わらず、通常の2〜3倍の情報量を掲載することができる郵便物です。さまざまな形式のものがありますが、一般的なのは縦が通常のハガキと同じサイズで、横幅が2〜3倍という細長い用紙を二つ折りまたは三つ折りにして作られています。圧着方式は全面に特殊なニスを塗ってプレスしたものと、端の部分に接着剤を塗布して貼り付けたものの2種類があります。圧着ハガキは、ハガキよりもたくさんの記事や画像などを載せたい、しかし郵送料金は普通ハガキ並みに抑えたい、といったニーズに対応します。そのため、商品やサービスなどを詳細に広告する必要のあるダイレクトメールによく使用されます。また、圧着ハガキは圧着部分をいったん剥がすと再びくっつくことがありませんが、郵送の途中では簡単に剥がれません。そのため、通信文の中身を秘密にしたい時に便利です。購入代金や利用料金の請求書、ポイントサービスの明細書など、個人情報に関わる通信手段として活用できます。圧着ハガキは、専門の印刷業者に依頼すれば作ってもらえます。必要な材料があれば自ら製作することもできなくはありませんが、慣れないとプレスが弱くて簡単に剥がれてしまったり、剥がす時に紙が破れやすかったりといった不具合が発生する可能性があります。多くの専門業者は、インターネット経由で簡単に注文できる体制を整えています。