最新記事一覧

CMYK

費用対効果の高いDM

圧着ハガキは紙をハガキサイズに折りたたみ、ニスや接着剤などで圧着した紙製品です。普通ハガキと同じ料金で送ることができ、それでいて記載できる情報量がハガキより多いため、ダイレクトメールを安く発送する手段などに活用されています。

新年のために専門業者を

印刷物

自分でデザインもできる

年賀状に自分で撮った写真を印刷したい場合、専門業者に依頼をすると便利です。デザインも選べる業者なら、満足のいく年賀状ができることでしょう。業者では、きちんとはがきに印刷をしてくれます。切手が必要のないはがきを使用するのが一般的なので、仕上がった物が自宅に届いたら、ポストに投函するだけでいいのです。自分で年賀状のデザインができる業者は、ホームページ上から簡単に作業ができるようになっています。使用したい写真のデータをパソコン等に取り込み、それをさらにホームページ上にアップロードするのです。写真のデータサイズによっては、端が切れてしまったり、余白ができてしまうということもあるかもしれません。事前に画像ソフトなどを利用して、写真のサイズを加工しておくといいでしょう。こういった印刷業者では、文字のレイアウトなどもパソコン上から簡単にできます。あらかじめフォーマットが用意されていたり、自分である程度は好きなようにいじれる場合もあります。業者によって異なるので、事前に確認しておきましょう。パソコンについて自信がないという人は、問い合わせ窓口が用意されている業者を選ぶといいでしょう。年賀状の作成にあたり、アドバイスをもらえるはずです。メールでの問い合わせだけでなく、電話での問い合わせを受け付けているところなら、作業をしながら話を聞けるため、注文もスムーズにできることでしょう。印刷の種類は、業者によってことなります。こだわりがある場合は、複数の業者を比較して希望する印刷方法を行っているところに依頼しましょう。

印刷

DM等に最適なハガキ作成

圧着ハガキは普通ハガキより多くの情報を載せられます。郵便規定基準を守れば、普通ハガキと同料金です。中身が第三者に見られにくいメリットもあります。専門業者に依頼すると簡単に作成できます。圧着ハガキは面積が大きい方を本体にします。郵便ハガキ、ポストカードといった表記もないと、普通ハガキ扱いになりません。

印刷物

制作は意外に簡単

年賀状印刷はネット上で依頼を行う場合も基本的にテンプレートを選んで、指示通りに進めていくだけなので、誰でも簡単に作る事が出来ます。例え写真付きの年賀状を作る場合であっても位置調整程度で済ませる事が出来るので簡単です。
ハガキ

開封率を良くする

圧着ハガキは開封率の良いハガキとして知られます。開封率の良さはダイレクトメールの効果に直結しますから開封率を向上させるために圧着ハガキを利用するという方法もあります。圧着ハガキを含めて印刷物は納期によって料金が変わってくるので費用を抑える場合には余裕をもって行うのがポイントです。